1. トップ
  2. 活動報告

NPO環 活動報告ページ

「地域再生ファシリテーター養成講座」に参加報告

2012年1月29日 (日)

「地域再生ファシリテーター養成講座」に参加して

平成23年10月 ~ 平成24年3月 ( 主催 : 山梨県 ・ 山梨県立山梨大学 )

      201201211257000     201112101540000_2

山梨県の新しい公共支援基金事業として、住民が主人公となって地域再生に取り組む活動の適切な促進役(ファシリテーター)となる養成講座に参加している。
募集定員25名のところ40名の申し込みがあったという。
「何か行動を起したい」とその手がかりを模索している人が多いのではないかと感じた。
参加者はNPO法人・市民活動グループ・区長さん・観光協会・教育委員会・市議会議員・学生など様々である。

 「ファシリテーター」という言葉はあまりなじみがないと思うが、リーダー(意思決定する人=議長)でも司会者でもない。
会場の場をデザインし、会議の進行をリードする。
会議で検討すべき内容には立ち入らずプロセスを舵取りすることでチームが到達できる最高の成果を導く役、参加メンバーの合意形成と問題解決を促進させる役であると言う。

 この講座では、山浦晴男氏(川喜多研究所でKJ法の研究と普及に20年間従事。現在、情報工房・代表)を講師に富士川町平林地区をフィールドワークの現場として、ワークショップ形式(住民参加型地域づくり手法)で4ヶ月間実践しながら学んでいる。
住民・行政・NPOの連携・協働の場、「一緒に悩む場」を地域のなかにつくり地域再生を図っていくことが目的である。
 現状の把握や分析の仕方・アイディア出しなど非常に参考になるが、特に大切なのがグループディスカションであると感じている。さまざまな地域・立場の人たち、言わばよそ者がひとつの目的に向かって知恵を出し合う。中には飛躍した理想像であったり、根拠は別として・・・もあるが、そこから実現可能な方向性や持続可能か将来性はどうかなど大切なビジョンが浮き彫りにされてくるのだ。回を重ねるごとに、本気で熱く語り合う仲間が楽しい。

 「環」の活動拠点を八ヶ岳南麓の「悠遊塾ふぁみりぃ」において4年目。
今後の事業拡大、ふぁみりぃの有効活用・・・など、地域に根ざしながら更に前進していくために、この手法(ワークショップ)が取り入れられないかと考えています。

また昨年、悠遊塾ふぁみりぃは北杜市の産業観光部・食と農の杜づくり課の呼びかけで「エコひいき地産地消協力店」として登録をしました。北杜市独自の新たな流通システムの構築から、農業所得の向上・地域産業の再生・地域の絆づくりに結びつけていこうとするものです。
「エコひいき」は始まったばかりですが、2004年に8町村が合併して誕生しエリアが広いので、参加している方々と交流しながら地域の視点で私たちとして出来る事を考えて行ければと思っています。

                                                                         平成24年1月  遠西 美子

第4回定期総会 報告

2011年6月12日 (日)

Dsc00040Dsc00048

Dsc00053_4Dsc00054_2

 去る6月10日(金)13:30~四谷(東京)ROOTSウエルカムルームにて

第4回定期総会を開催いたしました。

 正会員 23名中16名 委任状5名   会計監査 2名の出席者により滞りなく

 下記のとおり提出議案が審議可決されましたことをご報告致します。

               

               議  題

  1,平成22年度事業報告及び活動報告

  2,会計報告及び会計監査報告

  3,役員の変更  理事1名病死により 欠員

  4,新旧役員紹介 この1年は欠員を補充せず、理事3人で運営継続 

  5,2011年6月現在  正会員数 23名   賛助会員 229名  合計 252名

   6,2011年度事業計画及び活動方針 について

                                   以上

また、東京及び埼玉、神奈川在住の正会員の有志が、「環」の活動をより積極的に進めるために「ハチドリの会」を立ち上げ、首都圏の会員と八ヶ岳の連携がよりスムーズに図れるようになりました。

 こうしたことから、八ヶ岳に拠点を開設して3年目の2010年は「環」にとって大きな変化と成果が得られたと確信しております。

 2011年以降、より多岐にわたるネットワークとの連携により社会的な役割を担える活動に結びつける努力をしてまいります。

                             代表;湊 さち子

東日本大震災その後の報告

2011年4月30日 (土)

               49jpg_2             

先日、ガイアシンフォニー上映会の収益金の寄付について見込み金額をご報告いたしましたが、27日に全ての経費の支払いが完了しました。

お陰さまで12万円の義援金を日本赤十字社を通じて送りました。

その他、何人かの方が救援物資を送って下さいました。ありがとうございました。

さて、その後現地に足を運んで、今の被災地の様子を知らせてくださった方のレポートをご紹介します。私たちの想像を超えた厳しい現実が伝わってきます。kamimurasannnohoukoku_0429.docをダウンロード

                                       文:湊

被災地への救援物資

2011年3月21日 (月)

 震災直後はボランティアの人たちが現地に入ることも禁じられておりましたが、被災後1週間が経過したころから、ボランティアの現地入りが求められるような状況になってまいりました。

人が必要、日常消耗品が足りない、暖房用具など急を要するものばかりです。

一昨年暮れから「防災ネット」「災害時の隣りネットワーク」「耐震強化ネット」などが中心になって「八ヶ岳サミット」が悠遊塾ふぁみりぃで行われるようになったご縁で、現地入りしたリーダーからこうした現地情報が刻々と入ってまいります。

NPO法人環が本格的な社会的支援活動に参画する機会を得ることになりました。
様々な方々と顔の見えるネットワークを築いて来れたのは、八ヶ岳に「活動拠点」を持ったことで実現しました。

 私たち今すぐできる事として急遽SOSが来ているものを救援物資として以上のものを送るよう手配を致しました。

  *トイレットペーパー 300個
  *ウエットティッシュ(普通版)30個
  *使い捨て歯ブラシセット500本
  *使い捨てカミソリ1,000本
 

これも皆様の日頃のご支援があって、ささやかながら活動が維持できておりますことをご報告いたします。

また何らかの形でご協力いただける方、ご連絡ください。

                                       湊 さち子
                                          

名水会春の陽クリスマスランチ&ライブコンサートご招待

2010年12月10日 (金)

12月10日名水会春の陽の利用者さんと職員のみなさんをクリスマスランチ&ライブコンサートにご招待。

今回はルーツのメンバー蔵屋さんのご紹介で「キツネとタヌキとときどきスカンク」のみなさんがボランティア出演。

 自閉症の傾向が強い障害があり、言語での表現はほとんどできない人たちの介護をする職員の皆さんのご苦労は本当に大変なものです。

食事も周りに気を使うことなく楽しんでいただける数少ない機会だとよろこんでくださいました。食事の後、ツリーにぶら下げた手作りのクッキーのプレゼントを自分で取って(これも彼らにとってとてもうれしいことだったようです)音楽ホールに移動してライブを楽しみました。

中でもキツネとタヌキと時々スカンクの「おどるポンポコリン」は彼らに大うけ。みんな立ち上がり、手を打ちならし、飛び跳ね身体中で喜び大興奮。

最後はみんなで身体中でアンコールを大合唱。言葉はなくても意思表示はできることに驚かされた。

そして、最後に握手を求め感謝を表す。おまけに来年の約束までしてしまいました。

こんなに喜んでもらえるなら来年もやらないわけにはいかないなあ。この日の経費は正月飾りの売上げでした。

今回の正月飾りは遠西夫妻がすべて作ってくれました。正月飾りをお買い上げいただいた皆さん本当にありがとうございました。いろんな人たちのお陰で今年も無事クリスマスランチとライブコンサートが出来ました。

                                                        文:湊

P1010014   P1010004 P1010002 P1010012P1010011Dsci0208_3Dsci0242Dsci0221

正月飾りの稲

2010年11月 7日 (日)

 今日(11月7日)の午後、先輩移住者で陶芸家の坂井さんご夫妻のご好意で、軽トラックで稲を運んでいただくことになった。名水会「春の陽」の農場へ。

昨年はあまりの大量の稲に手こずって今年は去年の半分の量を頼んだ。ところが行ってみて拍子抜け。

わざわざ軽トラックを出し、ご夫婦で手伝うと張り切って来て頂いたけれど、紙袋5つだった。

正月かざり作りも手伝って下さるとか、本当にありがたいこと。こうした素敵な出会いの中で少しずつ八ヶ岳に根を下ろし、地に足を着けた活動が出来るようになってきた。

                                             文:湊

Dsci0116_2 

泉ラインをアートラインに?

2010年10月21日 (木)

 Photo Photo_2 Photo_3 P1010002

10月20日15時~「森の小径」というCafe&レストランで竹の造形美術館の保坂さんの呼びかけで6人集まった。

甲斐小泉駅から甲斐大泉駅を結ぶ6・5kmの通り沿いにはたくさんの魅力的なスポットが点在する。

多くの芸術家と工房があり、出来上がった作品をただ眺めるだけでも十分に満足させるだけの個性的な力作ぞろいだが、ここでの魅力はそれだけではない。

作品以上に個性的で魅力的な作家と直かに触れ、いろいろおしゃべりが出来る。不思議なことに作者と触れ合うことで作品がイキイキとした生命の輝きを見せる。

そして作家のぬくもりが伝わってくる。

作品が語りかける。

これは私にとって初めて味わう新鮮な感覚であった。

観光客の多くは、この八ヶ岳の本当の魅力を知らずに帰っていく。もったいない!

そんなことを常々考えていたところ、今回竹の造形美術館の保坂さんの呼びかけでいっぴん工房の加藤さん、

平山郁夫シルクロード美術館の松山さんそして今回会場を提供してくださった「森の小径」(Cafe&レストラン)の水沢さんと泉ラインの魅力を見直そう会みたいなものが立ち上がり、ふぁみりぃもその仲間に加えていただくことになった。

これからどんな展開になっていくか?未知数ながら地元の芸術家たちとの交流が深まり「悠遊塾ふぁみりぃ」が大泉の起点としてなにか新たな役割を担えるとしたらうれしい。

ハチドリの会からの報告

2010年10月13日 (水)

  チャリティーコンサートの責任者片柳さんから「環」の正会員のみなさんが、2011年2月の第5回チャリティピアノコンサートの開催に向け、「ハチドリの会」を立ち上げたとの報告があった。

ピアノコンサートの会場の一角に「環コーナー」を設けませんか?との提案。ありがとうございます。

 「環」の生みの親でもあり、支援母体でもあるROOTS会員のみなさんが東京で新たな活動をスタートされる模様。

「ハチドリの会」は、ROOTS会長のシャロンさんの社会貢献活動に対する考え方を実践するのもであり、「環」だけでなく様々な活動の支援を展開されるものと期待しています。

  チャリティーピアノコンサートの詳細は「環」のホームページイベント情報をご覧ください。

                                  

続**うれしいメール**です。

2010年10月 4日 (月)

「環」が応援している社会福祉法人共働学舎湯舟共働学舎のトイレットペーパー購買活動の輪が、こんな風に広がっているというお知らせです。

 会員の澤村さんからの転送メールをご紹介します。

   転送します
 

実は昨日、「環」のホームページのトップページと湊さんのコメント、それに澤村さんが書いてくれた「会員さんからの報告」をプリントして、歌声のお客様に見て頂いたのでした。
司会のバクさんに「これ、紹介して!」と頼んだら、紹介してもらった後、歌声中に皆さんの所を回ってました。
「環」のアドレスを聞いてきた人などもいらして、また反響がありましたよ。
(昨夜は、夜遅くにメールしてはいけないかなあ、と思って遠慮いたしました。)
私の力など微力ですが、皆の力が集まると、大きいですね!!
      高橋まゆみ


 澤村さん、そして高橋さんありがとうございます。

善意の輪が見えないところまで広がっていることに大きな喜びを感じています。

                                                 文責:湊 さち子

  

環の会員さんからの報告です。

2010年9月27日 (月)

環の正会員、澤村直子さんからいただきました。

lovely 嬉しいニュースnote                                            一年前、グループの方と悠遊塾ふぁみりぃの音楽ホールでコンサートをしました。その時のピアニストの高橋先生が、小田急線の大和にある、「うたごえ大和」でピアノを弾いておられます。「うたごえ大和」の社長さんのご協力で、あの時以来、「湯舟共働学舎」のトイレットペーパーを使い続けて下さっています。そのうえ、司会をしている深代さんの呼びかけをきっかけに、お客様の中からトイレットペーパー担当の方まで出てくださっているそうです。今日、高橋先生からお手紙を頂き、とても嬉しくなりましたので、ご報告まで。                           澤村直子

環では、支援活動として「湯舟共働学舎」トイレットペーパーを紹介しています。詳しくはHPをご覧ください。全国ネットで送ってくれます。

有難うございます。みなさまの活動報告をお寄せください。お待ちしています。